高砂キッズ・スペースは、放課後児童健全育成(学童保育所の運営)を中心に子ども達や町を元気にするイベントの提案を行っている団体です。
特定非営利活動法人 高砂キッズ・スペース

学童保育所管理運営事業(播磨町)

はじめに

子どもたちは放課後、「ただいま」といって学童保育所に帰ってきます。

仕事等により昼間家庭に保護者がいない場合は、学童保育所が家庭と同じように守ってくれる大人がいる「安心で安全な場所」としての役割として、健全な育成が育まれるように実施されています。

学童保育は播磨町が設置し、指定管理者制度のもと高砂キッズ・スペースが運営します。

指定管理者として、公平な立場で「現場と保護者の信頼」を作り出し、子どもたちや利用している保護者の皆様へ心がつながる対話にできる環境、利用する全ての人々にとって居場所となりうる学童保育を目指します。また、子どもたち、ひとりひとりに目を向け、子どもたちの小さな成功体験を大切にした「自己肯定感」を育む保育を実践していきたいと考えています。

子どもたち、また利用する全ての人々にとってより良い学童保育所にするため、保護者の皆様のご理解とご協力が不可欠となります。入所申請にあたり、この事業案内書をお読みいただき、ご理解していただけますようお願いいたします。

播磨町学童保育所一覧はこちら

播磨町学童保育所についての概要

1.開所時間

  • 平日
    • 授業終了時から18時(※2)
  • 学校休業日(※1)
    • 8時から18時(※2)

※1 学校休業日とは、土曜日・春夏冬休み・学校創立記念日・参観日や運動会等の代休日及び学級閉鎖等の臨時休校日のことです。

※2 朝は8時からの開所です。安全上児童だけで登所はさせないでください。

また、18時から19時までは保育希望の有無を調査しておりますので、用紙にご記入ください。

2.休所日

  • 日曜日・祝日
  • 夏期休業日(8月13日~8月15日)
  • 冬期休業日(12月29日~1月3日)

3.入所申請受付期間

  • 受付期間
    • 2018年10月15日(月)~11月15日(木)(日曜・祝日除く)
  • 時間
    • 平日:正午~18時
    • 土曜:8時~18時
  • 受付場所
    • 各学童保育所
  • 入所審査結果
    • 上記期間内の受付分は、2019年1月中頃に書面にて通知します。

4.対象児童

播磨町内の小学校に入学する新1年生を含む小学生で、保護者の就労などのため放課後の保育が必要と認められる児童(学童保育所ごとに定員があります。希望者が定員を超えた場合、町内のいずれかの学童保育所にて受け入れを行います。)

5.支援員

専任2名(利用人数によって基準を定めています。児童の状況によって配慮が必要と思われる場合、支援員の増員をおこないます。)

6.費用

種類 金額 内容
保育料 8,000円(1人/月) 利用料金につきましては、詳しくは事務局までお問い合わせください。
おやつ代と材料費 2,000円(1人/月) 毎日のおやつや、日常保育に必要なものを購入します。
水道光熱費 400円(1人/月) 空調および水道利用料金として徴収します。
スポーツ安全保険 800円(1人/年) 保育中、教室や運動場でケガをしたときのために賠償責任保険を含む、スポーツ安全保険に加入していただきます。

7.入所時に必要な書類について

必要書類 備考
入所確認書 1人につき1部必要です
利用許可申請書 入所申込書になります。1人につき1部必要です。裏面もご記入ください
保育を要する証明書(勤務証明書・状況確認書・申立書) 両親分が必要です。兄弟で申し込みの場合1枚に一緒にご記入ください。利用の申請理由により、下表の書類の添付が必要です
傷害保険(スポーツ保険)に関する承諾書 2019/4/1(または入所日)〜2020/3/31まで有効
保育料支払誓約書 2019/4/1(または入所日)〜2020/3/31まで有効
但陽信用金庫預金口座振替依頼書 新入所、口座を変更されたときにご提出ください
延長利用希望申請書 18時以降の保育を希望する方のみご提出ください
下所に伴う誓約書(17時帰り) 必要とされる場合のみご提出ください
送迎に伴う誓約書 必要とされる場合のみご提出ください
療育手帳または医療機関が発行する資料写し 学童保育所利用許可申請書の裏面で7または8で「はい」と回答された方は、添付ください。

③に関連する保護者の状況とそれに対する必要書類

申請理由 内容
就労
  • 自営業以外の場合
    • 直近の給与の写し(コピー)
  • 自営業の場合
    • 自営をしていることがわかる書類(例:確定申告の写し(コピー))
就労内定 内定予定事業所の証明を受けた「勤務証明書」。ただし、利用開始後3ヶ月以内に勤務証明書および給与の写しを提出すること。
出産の前後 ※育児休暇中は対象となりません。 「母子健康手帳」の出産予定日を記入する欄の写し、もしくは「出生証明書」の写し、医療機関が発行する「証明書」
疾病・負傷等 医療機関が発行する「証明書」または常時介護する必要があることがわかる資料
その他 上記以外に児童が学童保育所を利用することが必要と認められる資料

重要

児童が保育所に通所しており「保育を要する証明書」を播磨町役場へ提出している場合でも、入所決定を指定管理者が行うため別途提出が必要です。また、就労に関する書類として、就労の事実を証明するものとして給与明細の写し、自営業の方は自営がわかる書類(例:確定申告書の写し)をご提出してください。お手数おかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

8.退所について

退所予定の前月15日までに必ず学童に退所届けを提出して下さい。月末をもって退所となります。

9.その他

  1. お弁当について
    • 土曜日や夏休みなど1日に及ぶ場合や、学校において給食がない場合は、お弁当等を持参してください。(暑い時期は保冷剤などを利用して食中毒対策をお願い致します。)
  2. 18時から19時の保育(延長保育)についての規約

    • 学童保育所の運営は18 時までです。延長利用申請書(希望調査)を提出された児童数をもとに19時まで保育を行います。しかし、ご希望のお子さまがいない場合、18時閉所となります。

    • 利用方法

      • 申請書(希望調査)を提出の上、実際にご利用になった場合のみ、ご請求させていただきます。やむをえない理由により利用した場合は、緊急利用届けに記入し提出してください。

    • 料金

      • 2,000円/月(ご利用回数に関わらず、同じ金額をいただきます。)翌月保育料金と一緒にご指定の但陽信用金庫の口座より引き落としさせていただきます。

  3. 下所(17時帰り)・送迎にともなう規約

    • 学童保育所から帰る際は、原則保護者の方にお迎えに来ていただくことになっています。しかし、お迎えが困難な場合(お稽古事があるなど)保護者の判断と責任において「利用児童の下所に伴う誓約書」をご提出していただくことで児童のみの下所を可能とします。

      ただし、2年生以上を対象とし、1年生については学童に在籍する兄弟がいることを条件とします。

      また、送迎についても安全管理を図るため、直接保護者の方が行う必要があるとご説明させていただいておりますが、ご事情等で保護者の方以外の親族の送迎を希望される場合は、「送迎に関する誓約書」の内容をご確認のうえ、ご提出ください。

      ※ 急な悪天候や不審者情報等で危険と判断した場合は、「17時帰り」を中止し、支援員からご連絡させていただきます。ご了承くださいますようお願いいたします。

  4. 警報発令時の学童開所規約

    • 警報発令時保育の流れ

      警報発令時は登所・下所の際に危険を伴います。できるだけ自宅待機をお願いします。

      1. 午前7時播磨町に「警報発令」された場合

        • 小学校 → 臨時休校

        • 学童保育所 → 警報発令中は閉所(支援員は施設の安全確認を行います)

      2. 登校中・登校後に「警報発令」された場合

        • 小学校 → 状況を見て学校内で待機または帰宅

        • 学童保育所→ 学校と連携し、受け入れ準備が出来次第、開所

      3. 警報が解除になった場合

        • 小学校 → 臨時休校

        • 学童保育所 → 解除になった時点から受け入れ準備が出来次第、開所

        • ※児童の安全のため、17時帰りは中止します。

    • 警報発令時の開所時の注意事項

      •  警報時、児童を預ける父母は、必ず連絡先を明確にしておいて下さい。

      • ※ 天候がさらに悪化しそうな場合は、学童保育所より緊急連絡先へ連絡を入れさせてもらうことがあります。その際にお迎えの時間・お迎えの保護者を確認させて頂きますので必ず連絡の取れる状態にしておいて下さい。万一、電話対応が不可の場合は、折り返し必ず連絡をお願いします。

    • 学童は警報発令時に安全の確定はできません。

      • 必ず保護者が送迎をするようにしてください。

      • なお、支援員が危険と判断した場合は、保育時間内であっても早急にお迎えをお願いすることがあります。

      • ※解除の時間によっては昼食の用意をお願い致します。

警報発令時に学童に登所させるか自宅待機とするかは、各家庭で判断してください。警報発令時、学童において災害に見舞われても、小学校に対して責任は問わないものとします。万一の場合、学童で加入している保険の範囲での対応しか行えないことをご了承ください。

学童保育所における新型インフルエンザ発生時の対応について

※感染拡大防止のうえで登所自粛が望ましいとされています。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

学童が閉鎖する可能性がある場合

  1. 学校閉鎖になった場合
  2. 学童登録児童の3分の1がインフルエンザなどの感染症によって休んでいる場合

※学童から報告を受け、相談のうえで学童より“学童保育所閉所”をご連絡します。

インフルエンザの流行を防ぐために

  1. 発熱があるときは登所させないでください。
    • インフルエンザで発熱した場合、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまではお休みするようお願い致します。
  2. 登所後、体調の変化や熱が出た場合は、保護者の方へ連絡させていただきます。
  3. 学級閉鎖時に登所の際には、マスクを着用し体調の確認と検温をして登所するようにお願いします。また、他の学年は授業中でもありますので、必ず学童の入り口まで送っていただけますようお願いします。
  4. インフルエンザの反応が出た場合は、すみやかに指導員までお知らせください。

なお、対応については変更が生じる場合がございます。その際には書面等にてお知らせいたします。

父母会について

各学童保育所では、高砂キッズ・スペースとは別に、保護者で構成する父母会があります。内容など詳細は各学童保育所の父母会にお問い合わせください。

減免申請について(各自該当する方は提出してください)

減免の種類(申請の理由)

  1. 兄弟姉妹で同時利用
  2. 単身(母子父子家庭)世帯で当該年度市町村民税非課税世帯(4月及び5月分は前年度分市町村民税非課税世帯)
  3. 生活保護法による被保護世帯

申請方法

  1. 申請対象児童播磨町内の学童保育所に通う小学1~6 年生
  2. 申請時期3月(4月5月分)5月(6月~翌3月分) 年度途中も可能
  3. 必要書類いずれも必ず原本を提出してください(1世帯につき1通で結構です)
①兄弟同時利用 ②母子父子家庭世帯 ③生活保護世帯
(弟妹)半額補助 半額補助 半額補助
申請書(申請用紙)
住民票※1
所得証明書※2
戸籍謄本※3
児童扶養手当又は遺族年金証明通知書のコピー※4
生活保護受給証明書  ○

3月に申請する際の所得証明は、前年度分です。

当該年度分は、5月中旬以降に発行されますので、最新の所得証明の提出をお願いします。

4・5月分提出期限: 2019年3月8日(金) 厳守

6~3月分提出期限: 2019年6月14日(金) 厳守

★6月提出分については、変更があった場合6月下旬から7月上旬通知の上、7月分にて精算します。

《注意事項》

※1 住民票・・・必ず世帯全員が記載されているもので、本籍・続柄の記載されたものを用意して下さい。

※2 所得証明・・・世帯内の就労されている方(アルバイト含む18 歳以上)全員分のものを用意して下さい。但し、1人でも市民税課税対象者であると減免は受けられません。

※3 戸籍謄本・・・親権等の記載あるものを用意して下さい。

※4 児童扶養手当等のコピーがない場合は、その旨のメモを添えてください。

各種書類ダウンロードはこちら

 

  • すべての書類はこちらからまとめてダウンロードできます。